グローバルGAPシール

グローバルGAP商品の販売には、制約があります。
GAPはあくまでも生産工程管理なので、製造過程に入った商品には、「グローバルGAP」という表示ができないことになっています。玄米については、グローバルという言葉を使わなければかろうじて表示ができます。
弊社では玄米については、「生産工程管理 GAP 国際規格認証」というシールを作りました。

一覧に戻る >>