グローバルGAP取得に向けて

 農業に対するISOと同義の、グローバルGAPを取得するために、弊社では 一般社団法人 日本生産者GAP協会の田上理事長をお招きして龍の瞳契約農家さんに対する農場評価の事前準備を行っています。
 この日は下呂市金山地区で二人の契約農家さんのところにお邪魔して、労働安全、食の安全性の担保、自然環境への正しい配慮、農業の持続可能性への探求の視点で、聞き取り調査を行い、実際に籾摺り施設なども見せていただきました。
 私が想像していた以上に、契約農家さんは熱心でグローバルGAPに対する想いが伝わってきました。
 グローバルGAPの概要(農林水産省)
         中野さんと田上先生(右)                      杉山組合長と田上先生(右)
20150611-2 20150611-11
一覧に戻る >>