グローバルGAP その3

 今日は下呂市金山地区に戻っての農場聞き取りです。
 谷口さんは小規模ながらとても熱心な契約農家さんで、綺麗に片付いていました。
 グローバルGAPには、「火気厳禁」、「農薬危険」などの表示、万一農薬がこぼれ出た時の処置、怪我をした時に包帯・止血剤・ピンセット・脱脂綿の常設など、当たり前のことを当たり前にやっていくということも、その概念に含まれます。働く人の安全、食品の安全、環境への配慮など240項目についてきちんとされているか、聞き取り調査を行いました。
 河尻さんは、金山地区としては、たくさんの面積を栽培されています。自然が豊かで、自宅には冷たい山水が流れ出ていました。納屋なども自分で作るという器用な方です。
 飲める水で無農薬栽培をしたいという私の夢にぴったりの田んぼでした。
           谷口さん(右)と田上先生                河尻さんと田上先生
20150613-1 20150613-2
一覧に戻る >>