つやみがき米

 現在、龍の瞳は、飛騨産、岐阜産、はさ干し米が完売となっております。
 国内産、静岡県産、有機ジャス米、岐阜県産農薬不使用米はまだ在庫がございますので、ぜひ、この機会にお求め頂きたいと存じます。
 以上は産地ですが、弊社では「つやみがき米」という商品を発売しております。
 この商品は、玄米の表皮を覆うロウ(パラフィン)成分を取り除いて吸水性を良くし、普通の炊飯器で炊けるようにした製品です。見た目は玄米ですが白米のように炊けて、しかも玄米の持つ豊富な栄養素がそのまま残っています。8年ほど前から販売していますが、何せ宣伝力がないために、広まっていませんでした。このところ、ホームページをリニューアルしたことで、「白米・つやみがき米・玄米」の選択ができるようになり、つやみがき米の販売も増えてきています。
 つやみがき米は、もう一つの特徴があります。刈り取りを極限まで遅らせたことで、うまみ成分が増しているという結果を龍の瞳研究所で取りまとめました。研究は私が行いましたが、その結果に自分でも驚きました。40回ぐらい咀嚼(そしゃく)すると飲み込むのが惜しくなるくらい、うまみ成分が増えてきます。
 皆さんもぜひ、つやみがき米をご賞味ください。驚きの美味しさですよ。
 また、「ちょう美人玄米」などのレトルトシリーズは、温めた後、いつまでももちもちして美味しいと評判です。つやみがき米とほとんど同じ味わいですので、こちらを試しにお求めになるのも良いかと思います。
 写真は龍の瞳研究所で作成したグラフです。刈り取りが遅いと、美味しさ成分が多いことが分かりますね。
  ※ 弊社は多数、商標を取得しておりますので、類似標記を使用されることやブログからの無断使用はおやめください。
            つやみがき米の食味値(クボタ食味計で計測)
食味値グラフ
一覧に戻る >>