浅草宿六

浅草宿六を訪問した。
店主の三浦洋介さんは、宿六の3代目である。
創業は昭和29年で東京のおにぎり店では一番の老舗。
ガス釜で炊いておられるが、ご飯が炊き上がる時に出すパチパチという微かな音でスイッチを切るタイミングを判断されているとのこと。ぃのちの壱を食べて見て感動したと三浦さん。
この秋からのおにぎりのお米として、龍の瞳を取り上げるかどうか、考えていただけることになった。
コシヒカリがまだこの世に出る前の昭和29年に「それに越後の米」を使用していたと色紙にかいてあった。色あせた色紙も、歴史を感じさせる。

店主の三浦洋介さん             宿六のお酒           宿六の歴史を綴る色紙

20150826-2 20150826-3 20150826-1

一覧に戻る >>