グローバルGAP研修(農場実施トレーニング検討会)

昨日の農場実施トレーニングを受けて、参加者全員で評価を行った。
例えば、農薬のカラ瓶はどのように処分しているか、実際に農家さんから聞いた結果を受けて、その行為に対して◯点と評価をする。項目は沢山あり、昨日質問した項目に対する結論を出すために、まる一日かかってしまった。
農家さんに対して、質問事項にどのように考えているのか、それが実際の行動に結びつくはずであり、日常の姿を読み取り、さらに現場で確認するという作業を行う。結構、骨の折れる作業を繰り返すことになる。
だから相当に疲れた。しかし、気力は充実している。
新たな飛躍のために、労を惜しんではならない。

農場実施トレーニングの検討会

20150828-1

一覧に戻る >>