グローバルGAP審査(会社)

 グローバルGAPについては、何度か書いてきたが、いよいよ本審査を受け入れた。
 まずは実施主体としての株式会社龍の瞳が、認証を受けるにふさわしいかという審査である。
 文書管理規定、農場管理マニュアル、栽培マニュアル、栽培履歴などの管理システム、栽培の指導システムなどについて
延べ10時間に渡って質問と回答が繰り返される。今まで2年半に渡って取り組んできた成果が出るので緊張した。
  グローバルGAP審査風景
20150907-1 20150907-2
一覧に戻る >>