巡回調査2015.9.14

 下呂市金山と郡上市へ刈り取り前の巡回調査に出かけた。
 お盆過ぎの天候不順により、生育や病気を心配していたが、ふっくらと粒が肥大していて光沢もあったので安心した。
 金山地区は飛騨地方では一番収穫が早く、新米が楽しみである。
 今回の調査では、一粒一粒もみ殻を剥いて玄米の状態を確認した。昨年まで多かった黒点米(玄米の一部が黒くなる症状)はほとんど見られなかったので、こちらも一安心である。
 下原龍の瞳生産組合のメンバー
一覧に戻る >>