微生物農法

 微生物とは何なのでしょうか。
 日本微生物生態学会という団体があります。
 地球環境再生機構というNPO法人もあります。「微生物とは」と検索すると、いろいろな情報がわかります。
 微生物は目には見えないくらい小さな生物のことで、おおむね1ミリ以下です。微生物が地球上にいないと仮定すると、味噌やお酒はできません。
 逆に食中毒などを起こすのも微生物です。
 微生物が地上にいない場合は、死骸や排泄物は分解されないまま地表に残ってしまいます。植物の栄養源となるべく無機質も供給されないために、植物が育ちません。
 微生物の種類は、大腸菌・枯草菌などの細菌類、珪藻・藍藻などの藻類、アメーバ・ゾウリムシなどの原生生物、酵母・カビなどの菌類、ワムシなどの小動物などになります。
 科学技術振興機構が土と作物、細菌の働きの関係をビデオで解説しています。これはとても参考になります。
 友人から微生物に関する本を紹介されました。
 ぜひ買い求めて読んでみたいと思っています。
 そして微生物農法を追求したいのです。
 宇宙にたった一つの《いのち》の仕組み
20160227-1
一覧に戻る >>