菊芋

 菊芋を頂きました。
 この芋は、各地に方言の呼び方があるようです。
 下呂市では「からいも」と呼びます。方言が多いほど、古い時代に日本に入ってきたと言いますが、菊芋は意外に新しく、江戸時代末期に飼料作物として外国から入ってきたようです。
 菊のような花を付けて、栄養を貯めた地下茎が写真の芋です。
 イヌリンという物質を10数パーセント含み、腸までそのままの状態で達した後に、腸内細菌により分解されるようです。
 血糖値の上昇が抑えられるとも言われています。
 当地方手は、品漬けと称した、赤カブ、キノコ、大根など複数の野菜の漬物の中に入れます。
 岐阜県恵那市山岡町では、菊芋を利用した漬物や各種の加工品で町おこしをしています。
 猪の大好物なので、私の家の畑にも群生していましたが、今では絶えてしまっています。
 なんだか懐かしい「芋」です。
 そういえば、昨日から3月です。動きを起こさなければいけない、3月です。
  菊芋
20160302-1
一覧に戻る >>