龍の絵

 犬山市の昭和横町で絵を描いておられる岩田義一さんに、友人が頼んで「龍」の絵を描いてもらい、私にプレゼントしてくれました。
 筆遣いが細やかで、素晴らしい出来栄えだと思います。
 龍が架空の「動物」であることは、以前のブログでも書きました。
 「登竜門」にみられるように、鯉が苦労しながら滝を昇っていき、いずれは龍となって天高く舞い上がっていく伝説があります。
 とてもおめでたい「動物」なのです。
 この絵はどうでしょうか。
 まず、友人の依頼に応じて何も見ずにこの絵を描かれたそうです。
 頭に龍の絵が入っているのですね。
 文字も味があり、いいですねぇ。
 ところで、昭和横町にはだんだんと観光客が増えているそうです。それなりの熱心な取り組みがあったようです。
 学んでいきたいと思います。
 絵の作者 岩田義一さん
20160305-2
龍の絵
20160305-1
一覧に戻る >>