蕗の薹(ふきのとう)

蕗の薹の花が成長してきました。
蕗は本当に不思議な植物です。気づいた時には、蕗の薹があの葉っぱとじくに変わってしまっているのです。花はどこに行ってしまうのか、今年は見定めようと思います。
私が立っている状態でも、苦み走った蕗の香りが鼻孔をつきます。
そんな時はハッとします。なんのために蕗は香りを立ち昇らせるのでしょうか。
柿の大木の下で栽培してきた我が家の蕗。今年は龍の瞳の味噌ができましたので、蕗味噌として加工したいと思っています。おにぎり龍の瞳高山駅前店のおにぎりの具材として、また、味噌汁にも入れて春の香りを楽しんでいただきたいと思っています。
残念なことは、最近の若い人には季節の香りが嫌いな風潮が広まっているということです。
苦味も重要な味覚の 一つです。どんどんと食文化が変化して、洋風化している現実。和食が世界でもてはやされている事実に鑑み、日本人として自信を持って、和食文化を楽しみたいと思うのです。おにぎり龍の瞳高山駅前店をその発信基地にしたいです。

蕗の薹

20160319-1

一覧に戻る >>