温湯消毒

 種もみの消毒をしました。
 タイガーカワシマというメーカーの、「湯芽工房」です。
 乾いた籾を60度の熱湯に10分間、漬け込みます。
 この機械に、4㎏の籾を4袋入れることができます。10分間のタイマー設定することができます。
 例えば12分漬け込むとどうなるのでしょうか。芽が死に絶えて発芽しなくなります。
 10分の後すぐに冷水に入れ込みます。これをしないと袋の中の籾が湯だった状態になり、発芽率が低下してしまいます。
 60度というとかなり熱く、人が手を入れれば火傷をするほどなのです。籾が10分間もこれに耐えていることは、にわかには信じられないくらいです。
 温湯というよりは、熱湯消毒と言った方がよさそうですね。
 いもち病、バカ苗病、苗立枯細菌病などの細菌を死滅させるほか、稲シンガレセンチュウにも効果があります。これらは化学薬品消毒よりも効果があるようです。
 有機ジャス栽培には温湯消毒は欠かせませんし、栽培期間中農薬不使用のお米にも重宝されているのです。
 湯芽工房の中
20160325-2
 温度は59.5度
20160325-3
 干しているところ
20160325-1
一覧に戻る >>