紐の先が2匹の龍に見えたので、思わず写真に撮りました。
 ところで「龍の瞳」の名前の由来についてご存知でしょうか。
 龍の瞳は、私が名付けました。最初は、龍の瞳が発見された田んぼの番地にしようかなとか、家族の名前を取ろうかなとか、いろいろと考えました。
 しかし最初の想いであった、水田に綺麗な水を引きたいということから、水にちなんだ「龍」を付けたいと考えが浮かびました。
 龍は水の神様でもあるのです。龍の……と考えていたら、「瞳」が良いのではないかと思いました。
 お米を見ていたら、大粒だったことから龍の瞳に見えてきたからです。瞳のようにもっと輝いて欲しいという願いも込めました。
 今から13年も前の懐かしい思い出です。
 13年も前からだと、いろいろな変化があります。
 私の場合は、変化がありすぎて、自分自身それについていくのが精いっぱいという感じですね。
 これからも大変化を遂げるのではないかという予感。
 自分を磨いて、大きく成長したいと思います。
 龍に見える紐
20160328-1
一覧に戻る >>