水仙

 下呂市萩原町の自宅近くで、水仙の花が咲きました。
 朝陽を浴びて気持ちよさそうに、そよ風に揺られています。
 水仙の学名である「ナルキッソス」は、「ナルシスト」の語源にもなっています。
 ナルキッソスはとても美男子で、言い寄る女性を高慢な態度で断り、相手を傷つけていました。
 そんな彼に女神が呪いを掛けました。自分自身に恋をしてしまうという呪いです。
 ナルキッソスは、水面に映った自分に恋をしてしまうのです。当然、思いは届くことがなく食事ものどを通らず、やがて
彼は死んでしまうのです。彼が座っていた水辺に、一本の花が咲きました。それが水仙なのです。
 水仙には、「うぬぼれ」、「自己愛」、「エゴイズム」などという花言葉があります。
 水仙にしてみたら、迷惑な話でしょうね。そんなことを考えながら、水仙を眺めるのもよいと思います。
 朝陽を浴びる水仙
20160405-1
一覧に戻る >>