ブロック会議イン金山

 今日は龍の瞳生産者の金山地区と郡上地区の合同の生産者会議を行いました。
 会社からは私と生産担当の幅上が参加しました。
 他の地区同様に、熱心に美味しい米作りについて、討論が行われました。
 金山地区にはグローバルGAPの参加者が4名おられますので、龍の瞳の栽培管理行程に対する熱心度が高いのが特徴です。
 ご高齢の方が多いので、どのように次世代に引き継いでいくのかが課題となっています。
 金山地区では二人の方が、お父さんから栽培を引き継いでおられますので、比較的引継ぎがうまくいっていると思います。
 金山地区と郡上地区の合同ブロック会議
20160408-1
一覧に戻る >>