冬水田んぼ

 兵庫県豊岡市の「こうのとり育むお米」の冬水田んぼの見学に行きました。
 本当に驚きでした。
 刈り取り後に鶏糞を撒き、かくる代掻きをすると糸ミミズが発生します。
 糸ミミズにより、表面にトロトロ層を作り、それが雑草を抑えます。
 みのる産業の田植え機で田植えをすると、苗が丈夫なのですぐに活着して立派な稲に育つのです。肥料もほとんどいらないとのことで、よくぞここまで技術を完成したものだと、正直驚きました。
 自然に優しい農業を龍の瞳も目指しています。
 独自性を追求しながら、豊岡市の取り組みに追いつこうと思っています。
 苗代もとても勉強になりました。
 写真のように、ビニールハウスの中ではなく青空の下ですくすくと成長しているのです。
 聞いたり読んだりではなく、実際に見て聞いて学べるのだということを実感しました。
 弊社でも、消費者の方に来ていただいて、田植え体験をしたいと強く思いました。

 冬水田んぼの土

20160414-1

 糸ミミズの残骸(住処の後)

20160414-2

 苗代

20160414-3

一覧に戻る >>