タンポポ

 日本には日本在来種タンポポと西洋タンポポの二種類があります。
 在来種の中にも大きく二分類があり、また様々に変異しているようです。
 現在では、帰化植物である西洋タンポポの方が勢いがあり、日本在来種を見ることはほとんどなくなったと言われています。
 どこかで見たブログには、日本在来種タンポポを見て感動した、などという表現があったので、そうなんだと思っていました。
 両者の見分けは、苞(ほう)と言われる花を包んでいる葉のような部分が、日本在来種の場合は花を包み込むように上がっているのに対して、西洋タンポポの苞は、横ないし下を向いていることです。
 皆さんもタンポポを見つけたら、花を見て判定してください。
 タンポポ
20160418-1
一覧に戻る >>