JR高山線飛騨宮田駅

 JR高山線飛騨宮田駅は無人駅です。
 当時の国鉄からは駅の建設費が一切出ないということで、昭和30年に地元と萩原町が200万円の費用を折半して建設費を賄ったとのことです。
 非常にめずらぃし事例だったようです。
 当時の200万円といえば今の3000万円ぐらいの価値があるようです。
 ということは宮田三区で1500万円。当時の世帯数は多分200戸ぐらいでしょうから、一戸当たり8万円程度の負担になったに違いありません。
 現在は毎月、班ごとの当番で清掃をしています。
 駅には山つつじでしょうか、とてもきれいな花を付けていました。
  飛騨宮田駅
20160508-1
20160508-2
20160508-3
20160508-4
20160508-5
一覧に戻る >>