龍の瞳とコシヒカリ

 現在の龍の瞳とコシヒカリの様子です。
 左の龍の瞳は、草丈も長くがっちりとしています。
 大きな違いは根域の広さです。龍の瞳はすごく根を張る品種です。美味しさの秘密の一つがそこにあるのです。
 地中からうまみ成分やLPS(リボポリサッカロイドという免疫ビタミン)をたくさん吸収できるからです。
 もちろん、それを担保する栽培方法というもがあるのですが、ここでは触れません。
 コシヒカリは田植えの時期が早いので、すでに出穂を始めています。
 次に茎の太さです。
 背は高いのに茎が太いので、倒れることはありません。野性味いっぱいの稲なのです。
 根も太いのが特徴です。当然のことながら、養分は根から吸い上げます。蒸散(水分を気孔から蒸発させること)により、自然と根から養分が吸えるという構造になっているのです。
 両者とも移植して5日後ですが、龍の瞳は太い根が伸びていることが分かりますね。
 龍の瞳とコシヒカリの違い
20160807-1
20160807-2
20160807-3
20160807-4
20160807-5
一覧に戻る >>