グローバルGAP内部監査

 とうとう二回目のグローバルGAP監査がやってきました。
 少し慣れてきたので緊張感はほとんどありません。
 監査員さんとは旧知の仲です。
 課題も見えてきて、それを克服する力も龍の瞳にはありますので、進むだけなのです。
 グローバルキャップ監査風景
20161025-1
20161025-2
一覧に戻る >>