無農薬・無施肥研究会

 京都で無農薬・無施肥研究会の集会があり参加しました。
 ここで土について考えてみましょう。
 土とは砂でも粘土でもありません。ちなみに、砂も、粘土も石の粒です。
 土は石ではなく、元はいわば有機物です。何万年、何百年もかかって形成され、そして現在も変化しています。
 葉っぱなどの有機物を微生物が分解して、または微生物が死んでそれが再度、微生物により分解されます。
 無施肥で作物ができるのは、この土の中に養分が溜まっているからです。
 有機物を取り除く農法では、何れ土の中の炭素が不足して、炭素及び微生物の循環が絶たれることにつながると思われます。
 無農薬・無施肥栽培農産物で作られた料理を囲んでの交流会でも、そんな話を私がして、いろいろな意見が出ました。

 無農薬・無施肥で作られた野菜たち
20161120-1
20161120-2
20161120-3
20161120-4
20161120-5
20161120-6

一覧に戻る >>