東京での夕食

 お取引が始まる予定の、とある六本木のこだわり居酒屋さんです。
 お茶漬けが出ました。
 このお米が龍の瞳であれば、最高だと感じました。
 東京では人も多いのですが、お店の数もとても多いのです。
 情報では飲食店は十年後に経営者・お店ともに残っているのは5%に過ぎないとのことです。
 大変な激戦区でもあるのです。飲食は比較的参入しやすい業種ですからね。
 特徴を出し、どのように来客されるお客様にアピールしていくのか、問われています。
 日々改善、努力しているお店が、当然のことですが生き残っていくのです。
 六本木のお店とお茶漬け
20170207-1
一覧に戻る >>