龍の瞳の発見田

 龍の瞳(品種名・いのちの壱)を発見した田んぼです。
 2000年9月のことですから、今から17年前です。
 当時は44歳、まだ働き盛りでした。
 この間、長いのは長いのですが、夢のような月日でした。
 頭の中のかなりの部分が龍の瞳一色になり、何かしら自分の人生ではないような、家族のいないようなそんな日々でした。
 見つけた以上は、宿命だったのでしょうね。
 不思議な感覚です。
 龍の瞳の発見田
20170227-1
20170227-2
一覧に戻る >>