児童からの礼状(2016.12.02)

 宮田小学校の児童が、12月1日に寸劇で龍の瞳の栽培の経験を披露してくれました。
 10分程度の劇でしたが、小道具などもたくさん作られていて、とてもほほえましかったです。
 児童からお礼のコメントをいただきました。
 宮田小学校五年生児童からの礼状
20161202-2

宮田の「時刻表」(2016.11.01)

自宅のある下呂市萩原町宮田で唯一、お酒が飲めるのが「時刻表」です。
その名の通り、JR高山線の飛騨宮田駅を出たところにあります。
お昼にミートスパゲッティを作ってもらいました。
ムール貝も乗っていて、見た目もグッドです。
いつまでもこのお店が続いて欲しいと思います。

時刻表のスパゲッティ
20161101-1

20161101-2

第三回岐阜県焼き鮎味比べ交流会(2016.10.15)

 下呂市の美輝の里で第三回岐阜県焼き鮎味比べ大会が開催されました。
 馬瀬川は清流で有名です。鮎の味も日本一に輝いたこともあるほど美味しいです。
 美輝の里内にある水辺の館で参加者は40人ぐらいでした。
 次々に和良川、荘川、馬瀬川など岐阜県内各地の河川の鮎が塩焼きで出されました。
 食べ比べの結果、水辺の館金賞には和良川の鮎、同銀賞には白川の鮎が選ばれました。
 青い空の秋の昼下がりに、舌鼓を打ちながらゆっくりと流れる時間を過ごしました。
 美輝の里
20161015-3
 清流馬瀬川
20161015-4
 焼かれている鮎
20161015-2
 県内各地の鮎
20161015-6

東美濃ふれあいセンター(2016.10.10)

 中津川市の東美濃ふれあいセンターにて、学習会が行われたのですが、とても良い会館でした。
 空と山とのバランスが良い景色で、遠くには古代人が岩に線刻したペテログリフがたくさん発見されている笠置山が見えます。
 素晴らしいコントラストの下にセンターがあるのです。
 今日は午前中、ドイツでは最も著名な経済学者で経営者のハーマン・サイモン会長の講演が同時通訳でありました。
 価格決定のシステムについて学びました。
 目から鱗でした。
 そして学習院大学の上田教授。さらに文化講演として作家の童門冬二氏。
 聞くだけではだめなので、実践をすべく何が行動に移せるのか、何を行動に移さなければならないのか、について計画するつもりです。
 すでに少し頭の中にはあるのですが、整理する必要があるほどの膨大な処理量なのです。
 お客様、社員・関係者、地域のために役立てなければならないと思っています。
 東美濃ふれあいセンターの風景
20161010-1
20161010-2
 立て看板
20161010-3

龍の瞳の稲刈り(宮田小学校)(2016.09.27)

 宮田小学校で、5年生の稲刈り体験が行われました。
 体験田んぼで゜試験的に1から10本植えこみました。分けつを調べたら1本植で17本に、5本植で27本に10本植で23本に分けつしていました。
 植え本数により、株別れの差があまりないようです。
 いろいろな試験結果を見てもそのようです。
 児童さんは田植え体験時よりも大きくなっているようでした。たくましさが増しています。
 楽しんで稲刈りを体験してもらいたいと思いました。
 宮田小学校の稲刈り体験の様子
20160927-1
20160927-2
20160927-3

ネギ味噌てんぷらと鶏ちゃん(2016.09.18)

 地元の隠れた名物に、「ネギ味噌てんぷら」があります。
 ネギと味噌を入れてかき揚げ風にします。
 これがとても美味しいのです。
 また、「鶏ちゃん」は、中部圏をはじめ関東でも認知度を上げている下呂市発祥の郷土料理です。
 弊社から2㎞ほど高山方面に行ったところに、「ひのきや」という飲食店があります。
 そこで出していただけます。
 鶏ちゃん
20160918-1
 ネギ味噌てんぷら
20160918-2

チャリティパーティ(2016.09.09)

 東京の千駄ヶ谷で熊本地震のチャリティパーティが行われました。
 有名な牛肉、豚肉を調理していただき、また、龍の瞳のご飯とガーリックチャーハンを作っていただきました。
 参加者の皆さんはとても龍の瞳が美味しいと大好評でしたし、できたての日本酒も味が濃いと言われました。肉料理にあうとのことで、今後をお肉料理に特化した日本酒として販売していきたいと思いました。
 朝、刈り取りした龍の瞳の穂も、会場の雰囲気とマッチしていて、参加者の方も粒の大きさに驚いておられました。
 いくつか取引ができそうですので、本当に良かったと思います。

 会場の様子

20160909-1

20160909-2

20160909-3

20160909-4

 

小坂川(2016.08.15)

 小坂川の道の駅「はなもも」のすぐ下に、小坂川が流れています。
 少年が川遊びをしていました。
 丁度、小石を川面に投げて遊ぶ「水切り」をしていました。
 写真の右下に水しぶきが上がっているのが分かりますか?
 鮎かけに来ている人に会いました。
 小坂川は清流のために、アユの味が全然違うと言っていました。
 私も時々頂き物を食べるのですが、小坂川の鮎は確かに香ばしさが違います。
 腸(はらわた)まですべて食べることができます。
 ここにいると、せせらぎの音、子供の声、肌を撫でていく川面の空気、すがすがしい気持ちになります。
 釣り竿も含めて上流の写真も撮りました。
 大人と子供
20160815-2
 「水切り」遊び
20160815-3
 御岳方面を臨む(釣り竿と小坂川上流)
20160815-1

下呂温泉にぎわいバザール(2016.07.16)

 下呂温泉のにぎわいバザールが7月15-17日の3日間開催されました。
 弊社も龍の瞳の販売と焼きおにぎりの販売を行いました。
 連休ということもありたくさん来客がありました。
 弊社の社員も頑張ってお客様に接しておりました。
 下呂温泉にぎわいバザール
20160716-1

練馬区の米屋さん(2016.07.11)

 練馬区のお米屋さんを訪問しました。
 おにぎりあり、おかずあり、乾物あり、もちろんお米もありで賑やかでした。
 こちらのおかみさんがとてもはきはきしていて、好感度が高かったです。
 お客様もひっきりなしにご来店されていて、まさに活気に満ちていました。
 最近、龍の瞳もお取り扱いが始まったのですが、良く売れるそうで、1㎏を20個その場でご注文をいただきました。
 右端に「龍の瞳入荷しました」が見えますね。
 長いお付き合いがありますように。
 お米屋さんのおかみさんと
20160711-1