純米吟醸 奥飛騨の龍 720ml 5,160円

w2019lq-ohd
w2019lq-ohd w2019lq-ohd w2019lq-ohd
純米吟醸 奥飛騨の龍 720ml 化粧箱付
年齢をご記入下さい(未成年者に対しては酒類を販売しません)
年齢の確認

在庫状態 : 在庫有り
¥5,256(税込)
数量

純米吟醸 奥飛騨の龍 720ml

(w2019lq-ohd)

製造年月:2019年3月

 

下呂の人、下呂の米、下呂の酒蔵で作った
やさしい味わいの日本酒ができました。

令和元年5月新発売の企画限定品の日本酒「純米吟醸 奥飛騨の龍」についてご紹介いたします。

 

まるで白ワイン!? 新感覚の味わい

日本酒と言っても様々な種類があり、その味わいは千差万別です。このお酒の味の最大の特徴は、「甘み!」 日本酒度マイナス30度 (プラスになれば辛口、マイナスになれば甘口という指標) 日本酒度プラス6で大辛口、マイナス6で大甘口という中、マイナス30度という大、大、大甘に仕込みながら、少し酸味を出すことで爽やかな印象になりました。最初の口触りは、甘さがまろやかに舌に伝わり、そのあとに来る酸味でスッキリと感じる例えるなら「まるで白ワイン」のような味になりました。一般的に飛騨の酒は辛口が多い中で、大、大、大甘という独自の存在感を示す飛騨の地酒になりました。

奥飛騨酒造・杜氏後藤さんは、「今回のお酒は初めて日本酒を飲む方にも飲みやすいように甘くて香り良いお酒にしました。」というように、お酒がそれほど強くない方や女性にも飲みやすく、普段お酒を飲まない人でも美味しく飲める、が味のコンセプトです。奥飛騨酒造・営業の高木さん曰く、「蓋を開けて空気に触れると、どんどん香りが増してくるのがすごい!」と芳醇さを絶賛!  一口目に味、時間をおいて二口目に香りを楽しみながら飲める、二度美味しいお酒となっています。

 

下呂の酒 飛騨の地酒

原料米に、岐阜県下呂市萩原町で収穫された「龍の瞳・飛騨産」を100%使用した贅沢なお酒です。正直、お酒にしてしまうのがもったいないぐらいの最高の出来の「龍の瞳・飛騨産」を惜しみなく使いました。

酒蔵は、享保五年に創業し下呂市で三百年近く造り酒屋を営んでいる奥飛騨酒造。小泉首相が2006年ロシア訪問の土産や、安倍首相が2015年プーチン大統領との山口県会談(ワーキングディナー)の折に用意して一躍脚光を浴びたお米で作ったウォッカ「奥飛騨ウォッカ」を作ったことでも有名です。そのユニークさや酒造りの高い技術には定評がある酒蔵です。原料米・酒蔵ともに岐阜県飛騨地方、下呂市内において作られた飛騨の地酒・下呂の地酒です。

酵母も地場産へのこだわりから、岐阜県が開発した「多酸系G酵母」を使用しました。

 

多様性社会と農福連携事業から生まれたお酒

このお酒は、(株)龍の瞳と一般社団法人おらがまちの共同開発商品です。(一社)おらがまちは、障がいや引きこもりなど、社会に出づらさを感じている人と一緒に地域の特産物を作り、地域貢献の一躍を担う取り組みをしています。岐阜県下呂市にある就労継続支援B型事業所「ひだまりの家」(福祉施設)の利用者の方に田植えや稲刈りなど「米作り」を手伝っていただきました。また、お酒のラベルのデザインやラベル張りなど「酒造り」にもかかわって頂き、障がいを持つ人、持たない人、皆が「米作り」「酒造り」を通して連携しながら、この商品が誕生しました。

 

詳しい取り組みは↓の動画でも視聴することが出来ます。

 

今井 隆 (株式会社 龍の瞳・社長)より、「奥飛騨の龍」への想い

私がたる出版の高山会長から「障がい者の方と一緒に米作りを行い、出来上がったお米でお酒を造りませんか」と持ち掛けられた時、(私がやりたかったこと!)と心の中で思いました。

その後、(一社)おらがまちの方々と何度か打ち合わせをする中で、「米作り、酒造り、人づくり」のスローガンのもと、龍の瞳の栽培と酒造りの話が具体的になってきました。

幸いにして下呂市内に株式会社奥飛騨酒造という酒蔵があり、そこに話をしましたら、とんとん拍子に進みました。東京農大の川嶋准教授の呼びかけだったと聞いていましたが、川嶋先生自身も何度となく下呂に来て福祉と農業の結びつきについて、語っていただきました。

田植え、稲刈り、お酒の瓶のラベル張りは、「ひだまりの家」の障がい者の方々に作業をしていただきました。初めての作業に、本当に喜んでいただき、お昼には地元の食材に舌鼓を打ってもらいました。

ラベルは、ひだまりの家の「のぶこさん」が描いたもので、ピカソかと見紛う出来栄えになりました。

振り返ればアッという間の出来事ではありましたが、環境の悪化や食べ物のせいで人間の体がむしばまれることが、今後も続くのではないかと思っていますので、その人たちの受け皿と健康を取り戻す手段としての農業は、ますます脚光を浴びることになると思います。

その草分け的な取り組みに今回のことがつながって、人々の喜びの輪が広がることを願ってやみません。

 

商経アドバイス2019年4月18日号に掲載されました。

商経アドバイス

 

酒質 清酒 純米吟醸酒
内容量 720ml
アルコール度 15度
日本酒度 -30
酸度 2.0
精米歩合 55%
原料 米(国産)、米こうじ(国産米)
原料米 龍の瞳・飛騨産(岐阜県下呂市萩原町)100%
おすすめの飲み方 特に冷蔵~室温
販売者

一般社団法人 おらがまち

〒104-0045 東京都中央区築地2丁目7番10号築地シティプラザ9階

TEL 03-5565-3982

製造者

奥飛騨酒造 株式会社

〒509-1622 岐阜県下呂市金山町金山1984

TEL 0576-32-2033