黒千石ごはん

黒千石ごはん山野内様 700-933

『黒千石ごはん』ーポリフェノール・ギャバたくさんー

龍の瞳(7分搗き)と黒千石大豆の、甘さ・香ばしさを生かせるレシピを考えました。

[材料・分量]
黒千石大豆(手に入らなければ黒豆) 75g
浸し用の水 250cc
龍の瞳 3合
お酒 大さじ1
塩 小さじ1

[作り方]
① 黒千石を軽く水洗いし、分量の水に24時間以上浸す。(室温が高い時は冷蔵庫、ホコリ防止に必ず蓋。)
② 圧力鍋に①を浸した水ごと入れて火にかけ、圧力がかかったら高圧で3分。15分程度放置。
③ 圧力鍋の蓋を取り、再び火にかけ水分がなくなるまで焦げないように煮詰める。(この時香ばしさが付きます。)
④ 龍の瞳を研ぎ、水を捨て、炊飯器に入れたら酒を加え、白米用の水加減にする。そこに塩と煮詰めた黒千石を加え、軽く混ぜて普通に炊飯する。
⑤ 炊き上がったらよく混ぜて、黒ゴマを振って召し上がってください。

[ポイント]
① 普通黒豆ごはんは、先ず豆を煎って香ばしさを出しますが、そうすると豆が死んでしまい、その後いくら浸水しても豆は発芽モードに入らないためギャバが生まれません。なので、浸水してから煮ます。
② 龍の瞳は『いのちの壱』
是非ご高齢の方に召し上がっていただきたいので、手間はかかりますが豆は前もって圧力鍋で煮てお赤飯の小豆ほどの柔らかさにしました。

今日の夕飯は、黒千石ごはんとうす味の味噌おでん、白菜のお漬物です。

☆第一回龍の瞳モニター 八戸せんべい汁様から頂いたレシピです。


<<

>>

  • 美味しい炊き方
  • りゅうのレシピ
  • 龍の瞳のはなし
  • ご当地ごはん
  • わが家の食卓
  • モニターレポート